スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心身

sinsin


はがねの体躯も
心は壊れやすい
前エントリーは、救われる一言、励まされる一言のような話題を取り上げました。
コメントでは逆に作用する話をいただきましたので、今回はたった一言か深く傷つ
けてしまう、あるいはたった一言に深い傷を負ってしまう場合を取り上げました。

気丈そうに、図太そうに見えると、外見で判断しがちなこともなきにしもあらず。
ところが内実はガラスのハートだったりするのが人間というものです。

テーマ : 建物の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

No Subject

言葉って武器、時によっては凶器にもなりえますからね。
WEBなんかで勝手に作り上げたイメージで、大丈夫だろうと
書いた一言が相手に深い傷を・・・と言うこともあるようです。

No Subject

中身が繊細だから 外側をガチガチに固めなければ
怖くて生きていけない という人の方が たぶん 多いでしょうね
芯の強い人ほど のほほんとして見えるものです(^ ^)

No Subject

引き締まったボディーも純米でヘロヘロに(笑)
P!

No Subject

こんにちは。

うちの上司は馬鹿です。
みんなが頑張って仕事してるのに、みためが大丈夫そうだからって、
それこそ外面だけみてひどい言い方をする。

自分の見たことだけが正しいと判断して、それでも経営者の跡継ぎかって言いたい。

どれだけみんなが傷ついてるか、本人だけは知らないという。

No Subject

やはり言葉選びは、
気をつけないといけませんね・・
何気ないひと言が、
心を深く傷つけてしまうことがあります・・

No Subject

どのハートも壊れやすいのではないでしょうか。

No Subject

見た目とは裏腹に、凄くデリケートな場合も多いのかもしれませんね。
見た目で判断してはいけないのでしょうけど、つい最初に情報として
入ってくるのが視覚なので、外見第一になってしまいますね。外見で
判断されて、一番辛いのは平静を装ってる本人かもしれないですね。

No Subject

こもれびさん、こんにちは!
目に見えるものしか信用しない人が多くなりましたね。
人や風景も、視覚でしか判断できないなんて悲しいです。
他に心を感じられる方法があるはずですね。
ガラスのハートに杭を打ち込むような、デリカシーのない人間にはなりたくないと思います。

こーちゃんへ

幸いなことに不見識なコメントやメールを受けたことはないですが、
これからも楽しく、そして少し真面目な話題も入れながら続けていきたいと思います。

たびたまさんへ

かなりの衝撃も和らげたり受け流してしまうような柔軟さがあるといいですね。
堅くなっている方が衝撃度が大きいはずです。そして壊れやすい。

takeさんへ

純米酒より石灰質がお好みのようです。

tsukasaさんへ

二世さんですか?それだけで得た地位で、その役職にふさわしい方が
就く道を閉ざされるのは会社にとって不幸なことかもしれないですね。
問題になっている豚肉混入企業も一族会社だとか。

マロンさん

酒の席での無礼講とはいえ、泥酔して口に出た言葉、
正気の相手には立腹、傷心の一言になりかねません。

森の生活さんへ

人とはそういうもの。自分もそうなのに相手もそうだということを忘れ、
いじめがあったりします。

farfarsideKさんへ

本当は胃に穴が開くほど苦しんでいるのに、気丈に毅然として
非難を浴びなければならないリーダーもいます。
不祥事を起こした企業や行政のトップは記者の厳しい追及を受け
右往左往する場面も目にしますが、そういうときの応対に人として
の器の大小が表れるかもしれません。

Myyさんへ

人だけでなく、目の前の光景に対して想像力を働かせる、そういう眼力、
思考力が実は大切なことです。
自然が泣いていると気が付けば、自分の行動にも変化が表れるはず。

FC2カウンター

プロフィール

こもれび

Author:こもれび
自前のモノクロ写真たちです。お気軽にコメントください。TB、LINKも大歓迎。LINKされた折はご連絡を。
since 15,june 2006
応援お願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

他にもブログを運営しています。
こちらもよろしくお願いします。
ものろーぐ Photo
Open Sesame~珍景普及協会

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。