スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記憶

kioku

今でも あのにぎやかな光景が
目の前によみがえる気がして
イコモスから登録延期を勧告された島根の石見銀山遺跡が28日のユネスコ世界遺産委員会で登録を認められました。
5月の登録延期勧告では日本に衝撃が走りましたが、地元や文化庁、関係者の人たちは喜びもひとしおのことだと思います。
おめでとうございました。
文化的価値は社会科学的に線引きできるものではなく、判断は絶対ということはできないものです。
その中で自信を持っていたのが一時とはいえ打撃を受け、関係者の落胆は相当のものだったはず。
それでも諦めずねばり強く登録に向けてベストを尽くした結果と労い一緒にしたいです。

世界遺産に限らず、日本の近代化遺産についても絶対的基準があって保存すべしということがないた
めこれからも消滅の危機に常にさらされていくことになると思われます。
その中で一度失ったら元には戻せないという現実をしっかり認識し、思慮浅く、安易に壊されていく
遺産がないように願うばかりです。

※お断り
写真は石見銀山ではありません。

テーマ : 廃墟系
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

生きてます

こもれびさん、ご無沙汰しておりました~
ものろーぐphotoはお休みなのですね!?
さみしい;o;
早い復活をお待ちしていますね。
私も慣れないVistaで騙し騙し更新していく予定です。
気長に見守ってやってください。
そして、忘れないでくださいね、私のこと・・・T-T
(あ~最近PC拒絶反応起こしてます・・・)

No Subject

何に使われていた 建物だったんでしょう?
この扉は どうして外れてしまったんでしょうか
この先も いつまでも このまま ここにあるんでしょうか
時の流れを「定点観測」してみるのも 面白そうですね

No Subject

石見銀山の地元の方たちの粘りはすごかったですね。遺された文化を語り継いでいこうという熱意が認められたのですね。よかったです。

No Subject

そうですよね、一度無くなったものを復元するなんて、それは元の
物とは違う別物ですから、簡単になんでも消去してしまう事に関し
てもっと慎重にならなくてはいけませんね。まさしく、覆水盆に返ら
ずですね。でももしかしたら、そのモノの実態を知らないが為にな
んでもすぐに壊してしまうのかもしれませんね。まずは知る事から
始めなくてはいけないように思います。

No Subject

こもれびさん。こんにちは。

手前の建物の窓が、顔に見えます。
虚ろな目...
風が好き勝手入り込んで、体の中も寒そうですね。

ここは昔何だったんだろう。

No Subject

こもれびさん、こんにちは!
ここはいったい・・・
モノクロが一層朽ちた感じを出してますね。
私事ですが、長年調べてきているものがあります。
語り継いでいる方は皆相当な高齢で、亡くなってしまわれた方もいらっしゃいます。
関連する場所も建物も、繁華街に程近い場所にありますが、訪れる人もいないようです。
世界遺産とはかけ離れた話ですが、自分の暮らしている町はどのようなところなのか。
そんなことに興味すらわかない人も多いのでしょうね。

No Subject

世界遺産の登録は大事なものを保護するうえで大切なのですが、
そこに住む住人や関係者に説明せずに勝手に登録してしまうと
住人の反感を買い、景観的に遺産らしくない事態にならないように
願いたいものです。
P!

No Subject

廃墟って魅力的ですね~
うっとり見とれてしまうことがあります。^^
しかし、せっかく美を感じているのに
心霊スポットなどと騒がれると困ってしまう(汗)

みいちゃんへ

お久しぶりです。
Exciteの不具合を機にこちらが1周年だったので強化月間にしています(笑)
そのうちに今後の複数あるブログの展開についてどうしようかと考えているところです。
どこのブログということなくどれかのブログにはだいたい顔を出していますので、
日替わりメニューでお付き合いください。

たびたまさん

鉱山跡です。
日本の鉱山は1960年代から70年代にどんどん縮小、閉山していったのかな。
それから30~40年の間に風化されて来ました。
しかし、今の日本につながる重要な産業だったのですよね。
歴史を伝える遺構です。

森の生活さんへ

日本では初めての産業遺産。
日本人の遺跡に対する価値観に新たな要素を打ち込むことになるでしょう。

farfarsideKさんへ

一番いいのは過去のものにするのではなく現役として長く使い続けること。
それが叶わなくなったからといってすぐに次のにとはならず、そのものの意味
を考える余裕がほしいです。
用無しになったからと即断せず、あることの意味を考えれば残していこうという
気持ちが出てくるのではないでしょうか。

かわずさんへ

右側の壁の方かな?
掘り出した鉱物を運び降ろしてきて精錬する作業所あたりの廃墟になりますか。
寒さは心理的なものから感じるものなんでしょうね。

Myyさんへ

鉱山跡です。
語り継ぐと書くように人でも物ではいつかは終わりが来る中で、どうリレーしていくか
によって歴史というものが形成されていくのではないでしょうか。
思い立った人がいればそれ歴史として生き続け、だれも気に留めなければ
闇の中に消え入ってしまいます。
ぜひ残しておいてください。

takeさんへ

納得するかどうかはともかく、世界遺産登録なら事前に関係者の耳には入るでしょうし、
もちろん説明もされるでしょう。
むしろ、説明もなく壊されることが大問題だと個人的には思っています。

ホセさんへ

心霊スポットとして広まった途端に訪れる人もいます(笑)
廃墟という表現は使っていながらもどうかと思います。
遺構と呼び続け、いつか陽の目を見る時を待ちます。

FC2カウンター

プロフィール

こもれび

Author:こもれび
自前のモノクロ写真たちです。お気軽にコメントください。TB、LINKも大歓迎。LINKされた折はご連絡を。
since 15,june 2006
応援お願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

他にもブログを運営しています。
こちらもよろしくお願いします。
ものろーぐ Photo
Open Sesame~珍景普及協会

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。