スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

互助

gojo


忘れてはいまいか
人の世はもちつもたれつ
古里でお盆をという方も多いかと思います。
田舎で感じるのは近所づきあい、助け合いの精神が
大都会よりも残っているということじゃないでしょうか。
これは取り戻すことが可能だと思います。
江戸時代、まさしく大江戸でも長屋住まいのお隣さん同士
助け合いながら暮らしていたはず。
核家族、少子高齢化だからこそますます必要になっている。
そんな思いを強くしています。

テーマ : 動物の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

No Subject

大都会の谷間のようなふるい長屋にも助け合いの姿が残っています。

No Subject

実家を離れてから、ご近所付き合いというものをしなくなりました。
同じアパートにどんな人が住んでいるか知りません。
毎朝同じ人のくしゃみとかは聞くんですけどね(^^;) 誰のだろう~…

寝っ転がっている猿の顔。なんともいえないですね☆
リラックスしているような、相手の指先が触れる場所に、神経を集中させているような??

No Subject

いろいろな世代の方と接するのは大切ですよね
視野が広がったり、感情が豊かになると思います
人付き合いって邪魔くさくなるときもあるけど、それ以上にありがたいと思うこともあります

森の生活さんへ

その助け合いが主流になってくれればいいんですけど。

かわずさんへ

東京に暮らしていたときもそれなりにご近所でのお付き合いをしてはいましたが、
実家に戻ってからは親に任せっぱなしで今の方が付き合いが薄いかも。
それでも近所付き合いの恩恵を受けています。

本能なんでしょうけど、集団で生きていくのが定めの中で、培われた習性でしょう。

ミイさんへ

目上の人に対する接し方も尊敬や頼もしさも育ち
年下の人に対する気配りや思いやりも育つ、
それが社会に出るための訓練なんでしょうけど、
子供のころはどうしても同い年との付き合いに限定
されがちな昨今です。

No Subject

私も近頃、「つきあい」というものの大切さをヒシと感じています。
田舎に住んでいても、近所づきあいのできない人はいますし、
私もきちんとしているとは言えません。
大切、というより必要なことですよね・・・うん。

事後報告で申し訳ないのですが、リンクさせていただきました^^;
不都合がありましたら、ご連絡くださいね(⌒-⌒)

No Subject

こもれびさん、こんにちは!
孤独死など、どうにでも防げそうな悲しいニュースをよく耳にしますね。
ご近所のことなんですが、小さいお子さんが三人いるんです。
上の子達は幼稚園か小学校の低学年かと思われます。
毎日登校時間になると車に乗せて送っていかれるようですが、たまに一番小さいお子さんを残したまま出かけているようなんです。
私が庭いじりをしていると、火がついたように泣き叫ぶ声が聞こえてくるんです。
ベットから落っこちたのかしら・・・とか、何かぶつけてしまったのかしら・・・とか、気を揉むばかりで何もできないんです。
そうこうすると急いでお母さんが帰ってきます。
私は子がないので、送り迎えの間ぐらいならどうにでも見てあげられるのになぁ・・・
なんて思いました。
挨拶を交わすぐらいの近所付き合いなので、そこまで踏み入ることも躊躇してしまいます。
だけどほんの僅かな時間で、何か事故が起きることも考えられると思います。
冬など特に・・・
長々と書いてしまいすみません・・・

こんにちは!

こもれびさんの夏休みはいかがですか?
私はやや忙しい感じですが、時折夏を満喫しています^^
今日の記事、とても心に響きます。
あまり人に迷惑をかけたくないと思っていた私でしたが、あるとき
「もちつもたれつ、だから、お世話になったら心から感謝の言葉を言えばいい」と言われたことがあり、心の目が開いた気がしました。
あ、長くなりましたが、最近そんなことがあったので、つい凄く響いてしまいました^^;

No Subject

こんにちは。

めちゃめちゃ気持ちよさそうなサルですね(笑)

うちは田舎なので、もちつもたれつな方ですね。
家に帰ると、野菜が玄関に転がっていたりします。
いったい誰が持ってきてくれたの?
と思いつついただいております(笑)

青さんへ

レスが遅くなりました。
1カ月前に起きた中越沖地震。コミュニティーが保たれるか心配です。
一方で近所の助け合いに支えられるのもまた事実ですね。

リンクありがとうございました。
こちらも貼らせていただきます。

Myyさんへ

難しい判断を迫られますよね。
普段から言葉を交わしたり、お互いの家に出入りしていたりすれば、
そんなときに様子を見に行ったり世話をしたりできますが、
そういう関係が築かれていないとすれば、かえって迷惑がられてしまうのが落ち。
それでも命にかかわるようなことが起きていたとあとで知ったら、きっと後悔するでしょう。

やはり「平時の」付き合いが人でも国家でも必要でしょう。

家庭内暴力などはご近所が異変に気が付いて大事に至らないような気がします。

happy×girlさんへ

出張お疲れ様でした。
そうです、ふだんは近所づきあいがなくても生活できているんですけど、
何かあったときにご近所の力があってよかった、力があったらなと思わせられる機会が
かならずや出てくるように思います。
お互いにその気持ちに正直になり、普段から交流していればいいんでしょうけど、
現代では難しいことになっている。変な世の中です。

tsukasaさんへ

うちも地方都市とはいえ、近所づきあいはまだまだあります。
けれども親がやっているんであって、自分はほとんど親任せなんです。
それでも、自分がいないときに家族に何か起きても、近所の方に助けてもらえる
という安心感があります。

FC2カウンター

プロフィール

こもれび

Author:こもれび
自前のモノクロ写真たちです。お気軽にコメントください。TB、LINKも大歓迎。LINKされた折はご連絡を。
since 15,june 2006
応援お願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

他にもブログを運営しています。
こちらもよろしくお願いします。
ものろーぐ Photo
Open Sesame~珍景普及協会

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。