スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すりこみ

surikomi


いつか自転車で宙を泳げる
その日が来るのを夢見て
夏の甲子園真っ盛り。甲子園は夢という言葉がよく似合います。
甲子園大会に出る、それだけで夢のような話。
ハイティーンの球児たちは夢に向かって1年365日、練習を積んできました。

夢が一つ叶うと次の夢をと思うのが人情。
夢の優勝旗を手にしようと全力で駆け回っています。
それでもその夢を手にできるのはほんの一握り。
多くは夢破れて甲子園の土を手にして帰るしかありません。

そのときの悔しさはいかばかりか。
試合に敗れ、夢破れた球児たち。
でも何年後かには夢舞台に立ったことを思い出すことでしょう。
それはかけがえのない経験です。

少し前に、作詞家の阿久悠さんが亡くなりました。
勝者よりも敗者に光を当てエールを送り続けた高校野球ファンでした。
勝者も敗者もなく等しく甲子園賛歌を送り、甲子園の感動をより多くの人に
与えてくれる第2の阿久悠さんが現れるでしょうか。

テーマ : お散歩写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

No Subject

まずは信じるところからです。
ほら、自転車が鳥に見えてきた(笑)
そんな夢に向かう、球児達の情熱に
心打たれてしまうんですね~。

No Subject

甲子園は熱戦中ですね。すがすがしい姿に応援です。

No Subject

負けたら終わり、だから死に物狂いで勝ちを取りに行く。
そんな一生懸命に夢を追いかける姿が人を感動させるのでしょうね^^

No Subject

こもれびさん、こんにちは!
プロでもあることですが、メンタルな部分が勝敗を左右するように感じる時があります。
そんなとこが熱くなりますね。
中学の時同じクラスにサード、四番、主将の野球部員がいました。
彼の実力と人気は不動のもので、当たり前のように県を代表する甲子園出場校に進学したんです。
時折駅で野球部名入りの大きなバックを持っているのを見かけましたが、後に退部したという噂を聞きました。
選りすぐりの選手の中で通用しなかったんでしょうね・・・
今は役所に勤め、休日は少年野球の監督をしているらしいです。
どこかで夢が残っているのでしょうね。

No Subject

勝者には勝者の敗者には敗者の・・・
甲子園には多くのドラマがありますよね。
夢に向かって日々努力する姿は
心打たれます。
努力すれば自転車で空も・・・かもしれないですね(^^;)

ホセさんへ

信じることを捨てたら、夢を叶えることは不可能でしょう。
最後の1アウトを取られるまで、あるいは取るまで信じてひたむきに。
そんな心こそが感動を呼びます。

森の生活さんへ

きょうの帝京対佐賀北の試合、今大会2試合目の延長となった佐賀北が勝ちましたね。
疲れは相当なものですが、それを補う精神力には恐れ入ります。

青さんへ

ひたむきという言葉を青春時代に忘れてきたようです。
感動するだけで、自分に生かせないところが悲しいです。

Myyさんへ

自分が果たせなかった夢をだれかの力を借りて果たそうとする。
そんな気持ちの高校野球監督もいるんじゃないでしょうか。
それは人のふんどしで相撲を取ると批判する対象ではなく、
夢を捨てない、諦めないことは素晴らしいことだと思います。
それが単に監督の保身や名誉のためだけだったら、感受性の強
い少年たちにはすぐに見抜かれ、付いてこないはずです。
子供たちと一緒になって子供たちと同じ夢に向かっていくことが
できるなんて、羨ましく思います。

こーちゃんへ

経験が、できない病を肥大化させるような気がします。
本当なら経験が、夢に近づいていく成功術に結びついていくべきなんでしょうけど。
己を信じて、友を信じて、師を信じて練習でも試合でも精いっぱい力を出すこと。
結果はいかようであっても、得難い財産になることでしょう。

FC2カウンター

プロフィール

こもれび

Author:こもれび
自前のモノクロ写真たちです。お気軽にコメントください。TB、LINKも大歓迎。LINKされた折はご連絡を。
since 15,june 2006
応援お願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

他にもブログを運営しています。
こちらもよろしくお願いします。
ものろーぐ Photo
Open Sesame~珍景普及協会

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。