スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進むべき方向

houkou

あっちに行ったり そっちに行ったり
迷いはあるだろうけど
確実に進んでいるということ
覚えておいていいんじゃない

ノルウェーのノーベル賞委員会が12日、ゴア前米大統領と気候変動に関する政府間パネル(IPCC)にノーベル平和賞を授与すると発表しました。

ゴア氏はご承知の通り、クリントン前大統領の副大統領を務め、大統領選に出馬。投票の集計が怪しいとのいう報道もありましたが、ブッシュ氏に惜敗した人物。
京都議定書の時にも米国を代表して気候変動(日本では地球温暖化のほうが一般的になりましたが、直訳すればこちら)に取り組む姿勢を打ち出しました。

ブッシュ政権後の米国が地球温暖化対策に取った態度は言うまでもなく、歴史にもしもはないと言いますが、大統領選の結果が違っていたら、9・11テロもあったかどうか。

ブッシュ大統領がどんなに聖戦やテロとの戦いを叫んでも、ノーベル平和賞は天地がひっくり返っても検討対象にすらなることはないでしょう。皮肉なもので、ゴア氏が大統領になっていたらノーベル平和賞受賞ということもなかったでしょうけど。

テーマ : 野山
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 進むべき方向

温暖化防止に世界の目が向いてきたということです。経済優先の世界が方向転換をしないと危機はますますせまるばかり、自国の利益のみを優先する政治は終焉に近づいてきているのでないでしょうか。

Re: 進むべき方向

もっと時間が進んで行くと、きっと今地球の色々な所でおきてる争い事がばかばかしく思えてくる時がやって来るかもしれませんね。戦争なんてやってる場合ではない地球の存続その物が危うい時が刻一刻と迫ってきてるのですから。

Re: 進むべき方向

CO2排出量を売買してる時点で、環境問題に対して真剣に取り組む気がないんでしょうね。
一部が危惧しても、全体が同じ方向を向かないと絶対改善はされないですし。

あのときやっておけば、と後悔した頃にはもう取り返しが付かない事態になってるのに・・・。

Re: 進むべき方向

森の生活さん、平和はまずこの地球が健康であってこそでしょう。
石油のような地域偏在の資源が人類に欠くことのできない存在であることを改めることも、政治的な意味からも重要かと。

Re: 進むべき方向

farfarsidekさん、不幸にもそういう状況にどんどん近づいていったとすれば、おそらくわれだけは生き延びようと、支配欲が増して争いが激しくなる可能性が高まるような気がします。

Re: 進むべき方向

istさん、先進国の代表も発展途上国というか、もはや大国なんですけど、その代表も自国の利益が最優先です。
いち早く共通の認識で前進するしかありません。

FC2カウンター

プロフィール

こもれび

Author:こもれび
自前のモノクロ写真たちです。お気軽にコメントください。TB、LINKも大歓迎。LINKされた折はご連絡を。
since 15,june 2006
応援お願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

他にもブログを運営しています。
こちらもよろしくお願いします。
ものろーぐ Photo
Open Sesame~珍景普及協会

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。