スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

矢折れ

矢折れ


折れたものは戻せず
失ったものは返らず
けれど立ち直ることはできる

昨夜は痛ましい事件が佐世保でありました。
もうすぐクリスマスで心を弾ませていた子供たちは恐怖にさいなまれ、当分の間、
心の傷は癒えることがないでしょう。いやこれから深くなるかもしれません。
一日も早く悪夢の時間から立ち直ってほしいと願います。

とはいえ、亡くなられた方の命は戻ってきません。
ご家族らの哀しみはいかばかりでしょうか。
いくら想像しても想像しきれないほどなのだと思います。
ご冥福をお祈り申し上げます。

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 矢折れ

痛ましい事件が起こりましたね。
巻き込まれた子供たちの恐怖の大きさは測りしれません。体と心の傷がはやく回復してほしいものです。
なくなられた方のご冥福を祈ります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 矢折れ

それにしても銃乱射事件が日本でも起こるんだと
本当に驚きました。何かと銃による区悪犯罪が増えている
ようで・・・今後 、銃の取り締まりの強化が求められるでしょうね。
心からご冥福をお祈り致します。

Re: 矢折れ

こんにちは。
痛ましい事件でしたね。
本当に心から哀悼をささげます。
でも、この事件があったからといって日本が悪くなったと結論するのは危険です。
この犯人が日本人の代表ではないし
どの人も持っている悪の側面が強く出たわけです。
みな気をつけなくてはいけませんが
日本を悲観することではないと思います。
どうかなー。
今日もスマイル

Re: 矢折れ

痛ましい事件が起きましたね。最近、沢山殺人事件が起きています。一番たちが悪いのは殺るのは誰でもよかったという札事件です。とんでもないですよね。人を殺す、誰でもいいから殺す、そんなの止めてくれー!って感じですね。自分1人で死んでくれ!と言いたくなります。何処へ行っても安心出来ない世の中ですね。いつ巻き添えに合うか分からないですね。

Re: 矢折れ

森の生活さん、こんな事件が起こるたびに哀しくやるせない気持ちになります。
人の命が奪われると、不思議に怒りはあまり覚えないんです。哀しみがあるかに勝るからでしょうか。

Re: 矢折れ

鍵コメさん、アメリカでこんな事件が起きるたびに銃規制の話が日本のメディアで論じられます。
でもアメリカでは、銃規制の話は案外小さいもので、日本人の感覚で規制の声を拾っているのではと少し割り引いて受け止めています。

Re: 矢折れ

ホセさん、さっそく銃保持の点検調査を始めた警察も出てきました。
日本の場合、銃は周辺になりという前提で生活していますが、あるかもしれないという心構えで生活しなくてはならなくなってきたのですかね。

Re: 矢折れ

kawazukiyoshiさん、たしかに短絡的に考えるのは性格ではないかもしれません。
しかし、気が付かないところで進行して、気が付いたときには手遅れ、そこまでいかなくても修正に長い時間と大きな力を要するということがあるものです。
兆しを敏感に早く捉え、手を打つことがいろんな局面で望まれます。

Re: 矢折れ

farfarsidekさん、海外で起きている無差別殺人、猟奇的事件は加害者が自殺してしまうケースが少なくありません。
弁明したから許すというのは被害者の家族にあり得ないことですが、なんで殺されたのかを突き詰めていけば、その理由をただしたいはず。
それすらできなくなってしまいます。

Re: 矢折れ

こんにちは。

確かに失ったものは戻らないもの、ありますね。
私だったら立ち直ることできるのかな・・・。

Re: 矢折れ

tsukasaさん、だからぼくらは簡単に、無神経に人から奪ってはならないのですよね。

FC2カウンター

プロフィール

こもれび

Author:こもれび
自前のモノクロ写真たちです。お気軽にコメントください。TB、LINKも大歓迎。LINKされた折はご連絡を。
since 15,june 2006
応援お願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

他にもブログを運営しています。
こちらもよろしくお願いします。
ものろーぐ Photo
Open Sesame~珍景普及協会

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。