スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

廃線

haisen

鉄路はもはや役目終え
いつか道となるだろうか

原油高、困りましたね。生活を苦しめています。
灯油やガソリンといったものはもちろん、石油を使った製品はあふれていますから、
いろんなところにこれからもどんどん影響が出てくるに違いありません。
おまけにマネーゲームとしか言いようがない投機によって異常につり上がっています。

ところで、車はなくてはならない存在になりましたが、原油の高騰だけでなく有限性や
地域偏在性、そして地球温暖化への大きな影響と、利用を抑制しなければならないの
も以前から言われています。
一方で高齢化によってマイカーに頼れない国民が増大していくことも予想されます。
今何をすべきか。利用者減で消えていっているローカル線や路線バスを見直し、公共
交通の利用に回帰して維持していくことを真剣に取り組まなければならないのではと。

この鉄路、けっこう前の撮影です。
撮影時は運行していましたが、廃線となりました。

テーマ : 懐かしさを覚える情景
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 廃線

石油の高騰で影響が出ていますね。有限な資源です。代替エネルギーが喫緊の課題です。
過疎地の高齢者対策も大事ですね。民間でもいろいろ対策を考えているようですが、まず政治家の仕事ではないでしょうか。

Re: 廃線

原油高による物価の上昇は辛いですね。
でも限りある資源ですから、そろそろ「脱」を考えないといけない時期なんでしょう。
公共交通機関も都市集中型、こちらも格差がますます広がるばかりですね。
なんとか利用できないものか・・・

Re: 廃線

そろそろ石油に代わる資源を考えなければならないのでしょうね。。。
人も頑なに何かにしがみついていてはいけないのかもしれません。
写真、ウチの近くにこんな雰囲気の場所があります^^;

Re: 廃線

このまま運転し続けていいのでしょうか。代わりのエネルギーの確保が怪しいのに、このまま空気を汚し続けていいのでしょうか。何か法律で、何曜日は車を使ってはいけない日とか作ったりしたら少しは地球も奇麗になるかも。公共の交通を上手く利用していきたいですね。

Re: 廃線

今回の原油高騰は投機筋の動きに拠るものだと聞きました。生活に密着してるものなので値上げが凄く影響しますよね。困ったものです。

石油に代わるエネルギーを早く確立しないとだめですね。
都会の方は公共交通機関がいろいろありますが、田舎はバスぐらいしかありません。
時間とか便数とかやはり使えないんですよねぇ。
根本的に対策しないと。

Re: 廃線

森の生活さん、東京一極集中という日本の構造的な問題を是正しなければ人口減少社会の中では日本の衰退は止めようがないかもしれません。

Re: 廃線

こーちゃん、地球温暖化に象徴される環境問題は今に始まったことではありません。
それでも後手後手に回って問題を肥大化させてきたのは経済優先で真剣に取り組んでこなかったためだと思います。
経済にも問題が起きてきたわけですから、今度こそ急いで本気に取り組まなくてはならないでしょう。

Re: 廃線

青さん、石油を燃焼させるだけでなく石油を利用したプラスチックなどがごみとして地球を傷めていますね。
青さんがどちらでお暮らしかは存じ上げませんが、雪の降る地域なんですね。

Re: 廃線

farfarsideKさん、車を持ち便利さを享受していますが、頭の片隅には温暖化を促進させている一人だという気持ちがあります。
ぼくが車を運転できなくなったとき、代わりの足があるかというと不安です。

Re: 廃線

otsuさん、JRは赤字路線はなるべく切りたいというのが本音でしょう。そして国鉄民営化後に生まれた第三セクター鉄道はそもそも経営的に成り立たないと判断したから旧国鉄が切り捨てたもので、黒字経営は難しいというのが当然です。
でも利用者が少なくてもなくなっては困るという切実な人が多いのが事実です。

FC2カウンター

プロフィール

こもれび

Author:こもれび
自前のモノクロ写真たちです。お気軽にコメントください。TB、LINKも大歓迎。LINKされた折はご連絡を。
since 15,june 2006
応援お願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

他にもブログを運営しています。
こちらもよろしくお願いします。
ものろーぐ Photo
Open Sesame~珍景普及協会

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。