スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の足音

akinoasioto
実りの季節 間近
感謝の日を待つ
秋祭りって、ほとんどは収穫に感謝するのが本来のものなんでしょうね。
日本の特に農業は1年の初めから終わりまで、豊作になるような祈りを捧げてきました。
それが祈りのおかげかどうかは別として、それが日本の中に風習として根付き文化とし
て築かれていることは否定しようがありません。
誰にというのではなく、大過なく収穫でき、おいしく頂けることに感謝の気持ちを忘れない
ようにしたいものです。

にほんブログ村 写真ブログへ

テーマ : 懐かしさを覚える情景
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 秋の足音

そうですね、秋祭りは収穫に感謝するお祭りなんですよね。
娯楽が無い昔はお祭りで御馳走を作り、酒を飲んで秋の夜長を過ごしたんでしょうね。
子供も大人も祭りを楽しみにして。

Re: 秋の足音

豊かな実りに感謝するお祭りですね。収穫は人の力もあるけれど自然の恵みも大きなものです。これに感謝ですね。

Re: 秋の足音

祭りというと、派手で賑やかで楽しいものという
印象を受けますが、本来は神をまつり感謝の念を込める
ことなんですね。忘れないようにしたいものです。

Re: 秋の足音

yoshiさん、神という言葉の生まれる前から、人類は恵みをもたらすものたちに感謝していたんでしょうね。
民俗芸能と呼ばれるものたちも、もともとは神に見てもらうためのものでした。

Re: 秋の足音

森の生活さん、お祭りというとにぎやかで楽しいものに感じますが、もともとは神に対する儀式だったんですよね。

Re: 秋の足音

ホセさん、その通りですね。見えない力のおかげで生かされていることを太古の人は理解し、感謝の気持ちを忘れなかったんでしょう。

Re: 秋の足音

そうですね・・・
2,3日前に明治生まれの患者さんに「ご飯粒を一粒も残したらあかんえ」と言われました
お米ができるまでどんなに大変なのかこんこんと言い聞かされました^^;
子どもの頃以来のお叱りで改めて食を口にする有難さを思いました

Re: 秋の足音

ミイさん、きょう映画「おくりびと」を観ましたが、納棺師の死者を旅立たせる仕事と対比的に、食べるシーンが強調されて出てきていました。
中には「命を食べて生きている」というせりふもあり、生と死も考えさせられるないようでした。

FC2カウンター

プロフィール

こもれび

Author:こもれび
自前のモノクロ写真たちです。お気軽にコメントください。TB、LINKも大歓迎。LINKされた折はご連絡を。
since 15,june 2006
応援お願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

他にもブログを運営しています。
こちらもよろしくお願いします。
ものろーぐ Photo
Open Sesame~珍景普及協会

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。