スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人の世

hitonoyo
すべてを頼みにしているわけではない
ただ頑張りが報われる世であってほしい
前回に続いて岩手・宮城内陸地震の話、しかも長文で恐縮です。

写真はくりこま高原の入り口にある麓の街岩ヶ崎地区の六日町商店街で出会った建物
です。注目したのは、くりこま応援の会がNPO法人のハートネットふくしまととちぎボラン
ティアネットワークという2団体で運営されているということ、そして被災地に拠点を設け
て活動を継続していることです。

大きな震災が起きると、今の日本ではボランティアがたくさん現地に入って活動すること
が当たり前になってきましたが、それも一段落すると収束します。他地域から根を張って
被災地で活動を継続するというのは珍しいのではないでしょうか。

毎週日曜日を活動日として今も続けています。息の長い、その覚悟で取り組んでいるこ
とに敬服させられています。この団体の活動については↓のサイトをご覧ください。
くりこま応援の会

もちろん地域の被災住民も組織を立ち上げています。耕英地区という避難生活を余儀な
くされている住民によるくりこま耕英震災復興の会がその組織。住み慣れた地域を離
れた長い生活で、地域住民の結びつきが薄らぐ心配があります。その中で、組織化さ
れ「山にカエル!」を合い言葉に心をつないで活動していることに希望の光を見いだし
ました。

さてくりこま応援の会が発刊している通信の最新17号に掲載されていた「被災地責任」
という言葉に目が留まりました。被災地に責任?と、表現に少し違和感を覚えますが、そ
の趣旨には共感できるものがありました。

被災地責任とは被災地が経験したこと教訓としたことを次の被災地(ない方がいいに決ま
っていますが、必ずあります)に生かしてもらうため発信する責任のことなそうです。

今最優先は復興することに異論はありませんが、同時に被災地自ら発信することは重要
です。それが現在進行形であっても大きな意味があります。過去のことではない、今のこ
とだと理解してもらうためにも、今どうなのかも。ネット社会ではだれもが発信者になれま
すから、技術的、労力的に発信は難しくないでしょう。

先に震災におけるボランティアに少しふれましたが、発生直後から復興途上において、被
災地のみならず多くの公的支援、ボランティアの支援に救われていることはどなたもご存じ
かと思います。そういったご厚情に報いるためにも、復興に向けた自助努力をするとともに、
発信していくことが大切なはずです。その発信の一つが教訓となるべき情報といえるでしょ
う。

マスコミの取材と報道による力も大きいですが、どうしても情報量の制限から、一面的だっ
たり、限定的だったり、一時的だったりする面は否めません。そういった足かせのないぶん、
多くの情報が発信できるはずで、そのたくさんの情報の中にいざというとき個別具体に参考
となる情報が含まれていることになると思うのです。
ぼく自身は、被災地責任という言葉は初めて目にしたわけですが、今後、こういう取り組み
が広がることを願っています。

そして最後に、災害ボランティアはなかなかできないという方に、できる被災地支援を一つ。
それは旅行者として被災地の方へ行くことです。震災で必ず問題になるのが風評被害。発
生時の被害とその後に生まれる二次被害で、被災地の苦難はさらに深まるのがこれまでの
被災地に共通した現象です。

ほぼ100%に近く風評のみで、実際に被災地に行った人たちは安全だと実感して帰ってく
るのです。ぜひ被災地に旅行に行って、素直に旅行を楽しみ、その上で安全だ、いいところ
だったと皆さんが情報発信してくれれば、人が人を呼ぶことになるでしょう。
みなさんの姿が土地の人の目に触れるようになるだけで、住民は少し元気になるはずです。
そして下世話ではありますが、少しでもお金を落とすことで地域を元気にしてくれるのです。
ぼくの今回の発信も被災地に人を呼ぶ力に少しでもなってくれたらと願っています。

にほんブログ村 写真ブログへ
ほとんどが仕上がった段階まで来て、キーボード操作を誤りデータを消失し書き直す羽目に
なってしまいました。ぼくにも励ましがほしいくらいです。

テーマ : 街の風景
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 人の世

地道に活動をしている組織があるのですね。細くてもいいから長く続くことが力になりますね。きびしい年が明けました。ふつふつと草の根の力がわいてくる年の始まるでもありますね。

Re: 人の世

被災地責任ていう言葉は初めて聞かせてもらいました。
確かに重要な事ですよね。

地震だけでなくマスコミのニュースはほんと一過性になってしまってます。
もっと定期的に情報を流してくれればいいと思うんですが・・・。

NPO法人に頼らないといけない今の日本。
もっと政治の力を注げるようにしたいですよね。

書き直したんですか。お疲れ様でした。

Re: 人の世

森の生活さん、一過性になりやすい人が多く見受けられる今の日本人。
もっと先を見ての行動をしていかなくてはなりません。

Re: 人の世

otsuさん、マスコミには次から次と報じなければならないことが起き、
その報道も使命であります。
どうしても時間の経過とともに薄らぎがちです。
しかし、今はいろいろな立場で発信できる世の中になりました。
そして有益な発信をしている人たちがたくさんいます。
あとは受信する側の方の意識の高まりが大事になっています。

FC2カウンター

プロフィール

こもれび

Author:こもれび
自前のモノクロ写真たちです。お気軽にコメントください。TB、LINKも大歓迎。LINKされた折はご連絡を。
since 15,june 2006
応援お願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

他にもブログを運営しています。
こちらもよろしくお願いします。
ものろーぐ Photo
Open Sesame~珍景普及協会

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。