スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巨人

kyojin
失って分かる
存在の大きさ
初めて見る人にも
初めて訪ねたところで見た切り株。1メートルは優に超える直径。
おそらく200~300年程度は成長していた木だったと思われます。
見上げてもその幹や枝張り、樹冠は見えませんが、在りし日の姿は
ある程度想像できます。

長い歳月に育まれた時の積み重ねの産物も、失われるに要する時間
はわけのないことでしょう。本当は無くすことにはそれだけの覚悟が求
められているかもしれないのに、人々は淡々と無くしているのではない
でしょうか。せめて、この場から消えた太い幹が何らかの形で今も、どこ
かにあり続け、成長にかかった時間よりも長く、「生かされている」ことを
願わずにはいられません。

にほんブログ村 写真ブログへ

テーマ : 四季 -冬-
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 巨人

そうですね、残った株から想像するにかなりの大木だったのが想像されます。
切るのも仕方なかったんでしょうが、みんなの中に残る事を願います。

Re: 巨人

新築のために切らねばならなかった桜の木を惜しんで製材してもらって、テーブルや家具にしてもらった友人がいます。見るたびに春のなると爛漫と咲いていた花の姿を思い出します。

Re: 巨人

人間は無くして初めてその有難さに気付くんですね。。。
だからこそすべてのものに対して優しい気持ちで
接しないとダメですね。。。

Re: 巨人

otsuさん、特段、この切り株を放置しておいても差し障りが
なかったのが幸い。おかげで在りし日の姿を想像できます。

Re: 巨人

森の生活さん、学校の校舎建て替えの時も、見事な姿の学校木
が伐採されることがあります。
多くの子どもの成長を見守ってきた存在の喪失は、いかばかりか。

Re: 巨人

RARAさん、失われたものは二度と取り戻せません。
その覚悟があるのかどうか、実行する前に問いたださないと。
失ってもそれ以上のものが得られるというなら、なくなるもの
も納得できるかも。

FC2カウンター

プロフィール

こもれび

Author:こもれび
自前のモノクロ写真たちです。お気軽にコメントください。TB、LINKも大歓迎。LINKされた折はご連絡を。
since 15,june 2006
応援お願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

他にもブログを運営しています。
こちらもよろしくお願いします。
ものろーぐ Photo
Open Sesame~珍景普及協会

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。