スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再生~エンデの島4

saisei
砕け散ったと思っても ひととき
また寄り集まり 成長して進む
 〈4〉
 前回「おもしろいのは官から民が常套句だった小泉―竹中改革と、同じ官から民でもまったく目指す方向が違っていることだ」と書いた。
 経済のことだけではわかりにくいので、官の面から見てみたい。

 最初にエンデの島の現町長の言葉をまずは引用したい。

 ・私がびっくりしたのは、役場の収支マインドの欠落だ。政治家や役人が考えた事業で、うまくいっているのがあるかい?

 ・補助金制度がこの国の諸悪の根源のひとつではないかと思う。自治体は完了が補助金をつけてくれる仕事を優先してやるようになり、住民にとってなにがほんとうに大事なのか、自分の頭で考えないようになる。住民には自治の意識が芽ばえない。

 ここには以前から言われている中央集権の弊害が提示されている。地方分権への転換は基本的に間違っていないと思う。官僚の抵抗というが、本当に地方自治体のすべてとはいわないまでも大多数の地方公務員や地方議員がそれを望んでいるだろうか。中央官僚が権限を手放したくない気持ちは当然としても、責任を持たされるのはごめんというのが地方に潜伏しているのではないかと思う。

 けれども地方の主体性が強められなければ、ここでいう官から民へは実現しない。必要なステップなのだと思う。そして民は、小泉改革で進めた必要以上の規制緩和と抱き合わせで進めた結果の強く、大きい「民」間とは違う民を意味する。たみと呼ぶ民である。
 住民、人々を指す民であり、民間資本や民間企業のことではない。問われているのはいかに住民自治を実現していくかである。

 行政や自治と経済は別個のものではあるけど、切り離せない、あるいは重なり合ったものだ。エンデは単に経済の問題としてではなく、人間がいかに生き、地域社会、人間社会がいかに営まれるか、総合的な問題として、警鐘を鳴らしていた。

 その妨げになっているのが今の経済システム、とりわけ金融システムではないか。
 再び、「エンデの島」から引用しよう。

 ・人間の才能というのは無限なのだ。金融システムが、才能の発露を妨げている。

 ・経済はじつは愛の領域なんだよ。
 ―このせりふは次のように続く。
 ・人が幸せになるためのものだ。ものをつくる喜びを味わったり、人の役に立つビジネスをやったり、コミュニティを支えたりするというのが経済というものだ。

 行政や自治も愛の領域であるべきじゃないかと思える。
 エンデはおよそ1994年、世界が抱える問題の背景にはお金(マネー)があると見抜いていた。
 今の貨幣システムの何が問題で何を変えなければならないかを考えなければならないと迫っていた。その問いかけは「人類がこの惑星の上で今後も生存できるかどうかを決める決定的な問いだ」。

 「エンデの島」である奥ノ霧島を説明する中に暗示的な一節がある。

 ・流人について論じた本に目を通すと、島の歴史とはまさに流人の歴史であることがわかる。敗者の側からみた日本通史なのである。

 敗者の目線で見ることができた奥ノ霧島だからこそ、アプローチできる地域社会、地域経済なのではなかろうか。権力や財力だけの強者の考えでは「経済は愛の領域」にたどり着きそうにない。


 長々とお付き合いさせてしまいました。単発のつもりで書き出したら、かなり長文になりそうだと分かり、分割しようと思ったら、さらに長くなってしまいました。反応の少なさにやめようと思いもしましたが、それもこれでおしまいですから(笑)
 全部で5冊の本が出てきましたが、「エンデの遺言」以外は、この2カ月の間に読んだ中のものです。もちろん、興味を持った方なら、どれか1冊を手にして読むだけで、楽しんでもらえると思います。 (了)
にほんブログ村 写真ブログへ

テーマ : ■ 渓谷、滝、海、水のある風景 ■
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 再生~エンデの島4

本来は、経済と愛が結んでいたんですね。
どうも数字的なことばかりに囚われてしまいがち
ですが、もっと精神面を考えなければ・・・
人と人との関係。そして自然との関係も。

Re: 再生~エンデの島4

ホセさん、青臭い考えかもしれませんが、
お金で買えないものにこそ大事なものがある。
その考えに当てはめれば、貨幣価値ってものが
崩れ落ちてしまうかもしれません。

FC2カウンター

プロフィール

こもれび

Author:こもれび
自前のモノクロ写真たちです。お気軽にコメントください。TB、LINKも大歓迎。LINKされた折はご連絡を。
since 15,june 2006
応援お願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

他にもブログを運営しています。
こちらもよろしくお願いします。
ものろーぐ Photo
Open Sesame~珍景普及協会

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。