スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大震災

daisinsai
3月11日の東北地方太平洋沖地震から1週間以上過ぎ、初めて津波被害の甚大な三陸の街に入りました。
初めて来たのではないかと見まごう変わり果てた姿でした。
でも確かに生きている人たちがいたのです。
である限り今のこの状況から変わることができる。
人が生きている限り必ず変わることができる。
ぼくが生きている限り必ずやるべきことがある。
やるべきことはここでもできる。
信じることから動き出せることがある。

しばらく、このたびの大惨事に思うことを書き連ねていくかもしれません。
写真ブログではありますが、当面は異例な記事が続くことをご容赦ください。
もし共感いただけるなら、下をクリックして、そこから一人でも多く呼んでいただける機会の増えるよう、ご協力をお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
見渡す限り、凹凸のないがれきに覆われた一帯。
ここに人々の営みがあった。
死者・行方不明者何万何千何百何十何人。
記号のようにマスコミは報じ続ける。

でも数が尺度だろうか。

数ではない。
一人一人の生死。
そして一人一人につながる今、生ある人の生活。
その一人一人の失われた人生。
これからもつむがれる生き延びた人生の一つ一つ。
何万何千何百何十何人で片づけることは決してできない。

見渡す限りのがれき。
がれきの積まれた惨憺たる街の姿。
街の姿。。。

ひとまとめにして済ませていいのか。

このがれきに埋もれた人たちの一人一人。
3月11日に何があったのか伝えない今の静かな海原。
海原にさまよう人たちの一人一人。
みんなみんなに人生があった。
みんなみんなに家族がいた。

がれきよりもがれきの下に埋もれている人の一人一人。
穏やかな海面よりも海面の下にさまよう人の一人一人。
被害の大きさを示す数よりも 人生を変えられた一人一人。
一人一人の声を聞きつけ どんな人生か どんな無念か。
数ではなく一人一人の声を拾おう。
無力を自覚しつつ耳に手を当てる。

テーマ : 東北地方太平洋沖地震
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 大震災

こんばんは
被災地に行かれたのですね
実際に見ると被害の大きさを改めて感じたでしょう
そうです
変わることはできます
今少しずつですが動いてます
「一人一人の声を拾おう」
その通りだと思います

Re: 大震災

ずっと気になりながら、でもどのように思いを言葉にすればいいのだろう、何を言っても薄っぺらくなりそうで、悩んでいました。
こもれびさんの言葉を読んで、私の思いを表してくださったと感謝しています。
関西に住む私は、今までと変わりない日々に、募金と祈ることしかできす、申し訳なく感じていました。
こもれびさんは、現地まで出かけられたから、言葉がほんものとなって、心の底から出てきたのだと思います。
一人一人の辛い思いを、離れていても忘れないこと、ずっと忘れないこと、そのことは肝に銘じています。

Re: 大震災

壮絶な写真に言葉が全く見つからず 逡巡したまま今日に至ってしまいました。
ニュース報道等で幾度となく目にしてる筈の光景ですが、見た回数でその衝撃が弱まる事はありません。
あらためて、写真の持つ本来の力 というものを再認識致しました。今まで、フラフラと適当に撮って来た自分の無力・無能ぶりに呆れつつも、皆、気丈に自分を続けて行くしかありませんね。
かの地 復興に向けての微力なお手伝いの一端を担わせて貰いつつ、嬉しいエネルギーも確かに感じます。
季節も 寒い冬から 確実に春へ。 そこに感謝せずにはおれません。

Re: 大震災

yutaさん、冷やかしではなく仕事で行きました。
1週間ぐらい経ってからでしたから、直後の様子とは違っていた
でしょうが、それでも大災害だったことは一目瞭然でした。

Re: 大震災

大空の亀さん、どんな言葉で語っても、語り尽くせぬほど大きな、重いものが現地には横たわっています。
それでも何とか伝わればとの悪あがきです。

Re: 大震災

Akiraさん、言葉で言い表せないのは本当に実感します。
その中で生死の境目を経験した人たちの言葉は本物。
それを受け止め、どれだけ自分のこととして置き換えられるか。
想像力そして人間としての心根が試されている気がします。

FC2カウンター

プロフィール

こもれび

Author:こもれび
自前のモノクロ写真たちです。お気軽にコメントください。TB、LINKも大歓迎。LINKされた折はご連絡を。
since 15,june 2006
応援お願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

他にもブログを運営しています。
こちらもよろしくお願いします。
ものろーぐ Photo
Open Sesame~珍景普及協会

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。