スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボランティア

volunteer
大型連休で、東日本大震災の被災地には大勢のボランティアが来て被災者を支援しているようです。多すぎて受け入れ態勢の能力を超えているところも多いみたいです。
何かしたい。被災地以外で心配している多くの方がずっと思っていることだと思います。ようやく休みが来て行こうと思うのも当然ですね。
ボランティアが支援のすべてではなく、いろんな支援の仕方があると思います。でもこの身を被災地に置いて直接支援したいというのは支援したいと思う人のすべてに共通するのではないでしょうか。

さて被災地では公的措置でいろんな支援が行われているほか、前線基地を置いたボランティア組織が継続的な支援で行政だけでは行き届かない支援をしています。でも現実は個々の被災者にピンポイントで必要な支援をするほど、手が足りているわけではありません。

そこでたくさんのボランティアが来て民家のがれきを片づけてくれたり、所有者が持ち出したいものを探してあげたり、子どもたちの笑顔を引き出す世話をしたり、なかなか風呂に入れない人たちに入浴機会を作ったり、などなど多様な活動が細かなニーズにも応えられるのだと思います。

その行為そのものは尊く、有益なものだと思います。でも時間を作って被災地に出向いて活動された皆さんには、ぜひその場限りの活動に終わらないようにしてもらえたらと思います。
それでは、何をしてもらいたいのか。被災地の皆さんとのつながりを継続させていくことです。たまたま活動した先でたまたま出会った被災地の人たちと活動が終わったらさよならではなく、継続して連絡を取り合うようなことをしてはどうかと思います。

これだけ多くの方が亡くなり、未だ行方不明者の多い今回の災害では、運良く助かった人たちの多くが身内や知人に犠牲者が出ていると思います。家を失い、仕事を失っている人も相当に登ります。そして発生時の生きるか死ぬかの経験が心に傷として残っています。
そんな被災者の生活再建に物理的に支援する活動とともに精神的な支援というか、精神的な交わりによって少しずつ前向きな気持ちになってもらったり生きる目的を見つけてもらったりしてもらうことが大事だと思います。

そのためには可能ならお互いの名前と連絡先を交換し合って、活動を終えた帰ったあとも時折、連絡を取り合って、「なかなか行けないけれど、遠くからでも心配しているし、応援しているよ」なんて励まし続けていくことが被災者の支えになるのではないかと思うのです。
にほんブログ村 写真ブログへ

テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

Re: ボランティア

こんばんは
こもれびさんがおっしゃるとおりだと思います
まず、初動で国の対応が遅れたり、優先順位が違ったりなどが
あったことからおかしくなっているように感じます
地方行政やNPOそして個人は本当に頑張っていると思います
被災者もそして支援するひとたちも肉体的、精神的にきびしい
と、思います
まだまだ先は長いので、自分なりにできることを考えて
実践したいと思ってます

Re: ボランティア

ほんとその通りだと思います。
やはり人と人の心の触れ合いが一番のボランティアだと思いますし、ずーっとずーっと続けて行かないと行けない事だと思います。
皆が笑顔になれるお手伝い、少しでもしたいですよね。

Re: ボランティア

yutaさん、かつてないような複合災害に見舞われ、行政もその対応に手探りのところもあるでしょうし、クリアしなければならない課題がありすぎて結果的に遅れがちになってしまっているという面もあると思います。
国などがきちんと対応してもらうとしても、ボランティアによるつながりがあってこそ被災者も前向きになれるのだと思います。

Re: ボランティア

ronさん、直接ボランティア活動しなくても、被災地の物産を購入したり、旅行に行ってみたりすることも支援につながると思います。
つながりは大事なキーワードだと思います。

FC2カウンター

プロフィール

こもれび

Author:こもれび
自前のモノクロ写真たちです。お気軽にコメントください。TB、LINKも大歓迎。LINKされた折はご連絡を。
since 15,june 2006
応援お願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

他にもブログを運営しています。
こちらもよろしくお願いします。
ものろーぐ Photo
Open Sesame~珍景普及協会

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。