スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リスク

risk

利益と損害は紙一重
責任とはなんぞや


東京電力の株主40数人が、株主代表訴訟を起こす方針という。
福島第1原発の事故は、たしかに会社の危機管理や安全対策の手抜きを明らかにした。
放射線の拡散がもたらした多くの被害者への責任は会社にある。
原子力政策を推進してきた国の責任もあるが、株式会社として経営に取り込んできた。
その事実は曲げられない。

株主代表訴訟は株主に認められる権利だ。
しかし、今の放射能被害に苦しむ人たちのことを思うと、訴訟には違和感を禁じ得ない。
原発事故による放射能で生活や仕事に大きな苦しみを強いられている人たちへの損害賠償。
それこそが今、何より優先されるべきだと思うからだ。

そもそも株主は何のために株を所有していたのか。
株の配当を受けるためではないと言い切れる人はいるだろうか。
株投機が普通の経済活動となっている中、株の売買で利益を得ようという人もいるだろう。
でも考えてみたら、100%儲かる話などこの世にはない。
株で儲けようと思うならリスクを覚悟しなければならないのが、どの会社の株でも変わらない。

東京電力の株。地域独占で損しないような経営のアドバンテージは確かにあったかもしれない。
けれども東京電力の電力事業に原子力発電があったことは、誰にでも明らかなこと。
原発が事故を起こすかもしれない、事故が起きれば深刻な事態を招くかもしれない。
株主がそれを想像するにはそれほど難しいことではなかったはずだ。
役員や社員は原発事故を起こさない対策を取る責任があったことは当然のことだ。
しかし、東京電力の株主は原発のリスクを株券の中に抱えていたのではなかっただろうか。
にほんブログ村 写真ブログへ

テーマ : 東北地方太平洋沖地震
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは
たしかにこもれびさんが言われるとおりだと思います
これからも色々な問題がでてくるでしょう
解決するには時間がかかりそうです
でも被災されたかたのことを思うと早く解決してもらいたいです
今の政府のやりかたではいつになることやら・・・・

No title

yutaさん、細野大臣の高速増殖炉みんじゅは廃炉を含む検討と言及したこと。
大臣として慎重な言い回しと思う一方、思い切った発言とも思います。
例外を儲けずゼロベースから考えること。
それは日本の原子力政策が引き起こした福島第1原発事故と向き合うときに
不可欠なことだと思います。

No title

東京電力、存続出来る事が凄いですよね。
株主って会社のオーナーなので、責任の一部は共有すべきですよね。
マネーゲームをしてる人にはそんな気持ちは全くないでしょうが・・・。

ブログ、出来る範囲で再開したいと思います。
またよろしくお願いします。

FC2カウンター

プロフィール

こもれび

Author:こもれび
自前のモノクロ写真たちです。お気軽にコメントください。TB、LINKも大歓迎。LINKされた折はご連絡を。
since 15,june 2006
応援お願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

他にもブログを運営しています。
こちらもよろしくお願いします。
ものろーぐ Photo
Open Sesame~珍景普及協会

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。