スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一両列車

ressya


寂しさと哀しみを乗せて走り行く
人けのない一両列車

卒業式シーズンですね。月末には転勤シーズン。
いろいろな別れがあることでしょう。
希望に向かって今と別れていく人もあれば、
哀しみに彩られて別れていく人も。
後悔しないような別れにしたいものです。

にほんブログ村 写真ブログへ

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

No Subject

線路?轍?
雪景色が良い雰囲気を出してます。

春は別れの季節ですが、また出会いの季節でもありますね(^^)

No Subject

こんにちは。

私は一人暮らしをしたことがありません。
なので親元から離れたことがないんです。
小学校・中学校・高校も、小さな田舎だから、友達と別れることもあまりなかったです。
専門学校からかな。
知っている人のいない世界へと踏み出していったのは。
今まで就職も含め、「これがやりたい!」という夢を持って、先に進んだことはありません。

別れ・・・、友達に関しては辛い別れは今のところないなぁ。
今でも繋がっているし。

No Subject

やがて駅に到着、ここも無人駅。

No Subject

都会で十数両もの列車を見た後、地元に帰って見る一両列車。
ガタン ゴトン 。
この言葉がぴったり。
なんともほのぼのした気持ちになります。

どの列車もこの季節には、色んな別れを乗せて走るのでしょうね。

こーちゃんさんへ

単線の鉄路です。
便数が少ないということがすぐに想像付きますね。
高校の未履修問題で卒業式は終えたけど、補習中の高3生もいるのでしょう。
本当の別れはそれからですね。

tsukasaさんへ

生まれた町で暮らし続けているんですね。
Uターン組ですが、故郷の生活はやはり気の安らぎが違います。
いつまでも故郷で暮らせるなら、それが一番いいかもしれません。

中学は小学校の同期がほとんど同じところに進みましたが、
高校はたくさんの中学から集まってきた人たちでしたから、
入学したてのころは緊張したキオクがありますよ。

かわずさんへ

漫才で、その昔、山手線一周に車両を繋げたらというギャグがあったような気がします。
東京の電車は町の喧噪に負けないくらい、わざとやかましくしているんだという感じがします。
それは車両の多さもあるんでしょうね。
音の静かな中でもローカル線は、耳やかましく聞こえませんね。

森の生活さんへ

始発と終点だけに駅員がいます。

FC2カウンター

プロフィール

こもれび

Author:こもれび
自前のモノクロ写真たちです。お気軽にコメントください。TB、LINKも大歓迎。LINKされた折はご連絡を。
since 15,june 2006
応援お願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ

他にもブログを運営しています。
こちらもよろしくお願いします。
ものろーぐ Photo
Open Sesame~珍景普及協会

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。